子供のプロになる|独学でも宅建をスタートできる|諦めないことが大事

独学でも宅建をスタートできる|諦めないことが大事

レディ

子供のプロになる

男の子と女の人

ニュースでも取りあげられる程、保育士不足が社会問題になっています。保育園だけではなく、保育士資格を有している人を求めるフィールドが多い事も、保育園の人材不足の要素になっています。働き方も変わり共働きで児童福祉施設を利用したり、施設やデパートの託児サービスを利用する人が増えています。また、子供を育てる事に悩んでいる人に対する相談センターも多く利用されています。それだけ子供に関するニーズが多くなり、子供のプロと言える保育士は求められ、活躍できる分野が広くあります。保育分野だけの知識では対応が難しい事社会情勢なので、各学校では心理学や福祉等、独自のカリキュラムを用意する様になっています。自分がどの分野を目指したいかで、学校を選べる様になり、通学して目指す人が増えています。

保育士になりたいと確固たる意志があるなら専門学校が1番です。必要な知識と技術を集中して学べるからです。しかし、保育と言っても多くの分野があります。学ぶ内にもっと深く他の資格も得たいと考える様になるかもしれません。まだ自分の道が確立していないなら短大が良いでしょう。短大は専門学校と同じ2年制であり、保育士以外にも幼稚園教諭の免許も目指せます。より深く子供について学べます。そのまま卒業して保育士として働く事もできますし、もっとこの分野を極めたいと考えるなら、大学に編入する選択もできます。学費が後2年分必要にはなりますが、臨床心理士や特別支援教育教諭といった現場で切実に求められる資格を目指せます。専門学校と大学の中間と言える短大は、その後の選択も広がる機関といえます。